教育制度のご紹介

一歩一歩着実に
「総合看護力」が身につく教育制度

医療生協さいたまでは、看護職員が身につけなければならない能力を「総合看護力」と位置づけ、
基本的看護能力や専門能力はもちろんのこと、医療人としての倫理観など、
多面的な教育による看護職員の育成を推進しています。

卒後1〜3年目
キャリア1(メンバー)
卒後4年目以上
キャリア2(エキスパート)専門分野の力量アップ
副主任レベル相当もしくは以上
キャリア3(スーパーバイザー)リーダーとしての業務改善の調査研究
管理看護長相当もしくは以上
キャリア4(マネージャー)看護職全体への政策提言
研修教育機関等に入学または留学
スペシャリスト
anchor

キャリア1メンバー

卒業後1年目の研修の様子です。

卒後1~卒後3年目までの研修内容

対 象 卒後1年目 卒後2年目 卒後3年目
到達目標 基本的な看護実践ができる 人権尊重と健康障害の背景(生活や労働)を知り、看護に応用展開できる 地域に密着したヘルスケア事業を体験し、自らのキャリアデザインを考えられる
保健師 保健予防
コース
保健指導の基礎知識と技術の習得・保健予防活動の理解(地域保健) 事業所保健活動
(産業保健)
衛生管理者業務
看護師・
助産師
臨床
コース
基礎的な看護の知識と技術を身につける 基礎的な看護に精通し、応用展開できる プライマリーケアの体験(診療所・訪問看護ステーション研修)を通し、看護の連携を考える
anchor

キャリア2エキスパート

看護職員としての専門分野の力量を身につけ、応用展開できることを目標にしています。

法人内の認定看護師制度の受講ができます。
所定の研修や課題を終了し、特定の専門領域における知識、技術、態度を有する看護師として認定された法人内認定看護師は、主に所属部署で専門性をいかした看護実践を提供しながら、職場内の学習や教育を推進しています。

医療生協さいたま認定看護師制度

【コース】
  • 褥創ケア
  • 呼吸器・呼吸理学療法
  • 感染看護
  • リスクマネジメント
  • 看護倫理
  • カウンセリング
  • 緩和ケア
  • 栄養サポートチーム
  • 糖尿病看護
  • 認知症看護
  • コーチング
  • 問題解決技法
  • 顧客満足と接遇力
  • 目標設定と自己評価力
  • 看護研究
anchor

キャリア3スーパーバイザー

副主任レベル相当もしくは以上を目指します。
看護の専門的力量を高め、所属部門の課題の推進リーダーとしての視点を身につけ、
業務改善の調査・研究などができることを目標にします。

【リスクマネジメントコース】
  • 日本看護協会認定看護管理者教育ファーストレベル
  • リスクマネジメント養成コース
【専門実践者コース】
  • 介護支援専門員取得コース
  • 糖尿病療養指導士取得コース
  • 呼吸療養認定士取得コース
  • NST専門療法士取得コース
  • 健康運動指導士取得コース
【看護研究コース】
  • 分析・統計学的手法、疫学、研究論文のまとめ プレゼンテーション
anchor

キャリア4マネージャー

管理看護長相当もしくは以上を目指します。
指導的存在として院所の活動に配慮し、看護職場全体に政策提言できることを目標にします。

【マネジメントコース】外部受講支援制度あり
  • 日本看護協会認定看護管理者教育セカンドレベル
  • 幹部研修;日本生協連医療部会看護幹部研修
  • 国立保健医療科学院病院管理に関するコース等
anchor

キャリア5スペシャリスト

法人外の研修教育機関に入学または留学し、看護の専門的知識・技術・資格を獲得し、医療生協さいたまの看護の質の向上に寄与することを目指します。

【認定看護管理者コース】
  • 日本看護協会認定看護管理者教育サードレベル
【認定看護師コース】
  • 救急看護
  • 皮膚排泄ケア
  • 集中ケア
  • 緩和ケア
  • 感染看護
  • 訪問看護
  • 糖尿病看護
  • 不妊症看護
  • 透析看護
  • 手術看護
  • 乳がん看護
  • 摂食嚥下障害看護
  • 小児救急看護
  • 認知看護
  • がん性疼痛看護
  • がん化学療法看護

埼玉協同病院には、日本看護協会で資格認定を受けた緩和ケア・糖尿病・WOCの認定看護師がおり、
それぞれの分野の専門性をいかして院内外で組織横断的に幅広く活躍しています。