ページ内を移動するためのリンク
トップナビゲーションへ
本文へ
サイドナビゲーションへ
フッタナビゲーションへ

医療生協さいたま

埼玉民医連

医療生協さいたま

大 中 小
埼玉民医連
  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 3・1ビキニデー行動事前学習会を開催しました

お知らせ

3・1ビキニデー行動事前学習会を開催しました

2月2日(土)、本部・ふれあい会館において「3・1ビキニデー行動事前学習会」を開催しました。組合員と職員あわせて16人が参加しました。

まず、「被爆体験を次の世代に伝えよう」をテーマに、埼玉県原爆被害者協議会(しらさぎ会)副会長の木内恭子(ゆきこ)さんに体験を語っていただきました。木内さんは埼玉協同病院ができたときに看護師として就職し、10年間、手術室に勤務した経験を持っています。現在は、月・水・金曜日に、しらさぎ会の相談所で相談を受けています。

[木内さんのお話の概要]

1945年、9歳の木内さんは、広島の爆心地から1.6kmの地点で被爆。奇跡的に大きなケガなし。避難する途中に名前を呼ばれ、手を引いてくれる人がいて、その人についていって帰途に。その人が火傷を負った兄であることは、家に着くまでわからなかった。戦後は茨城県に移り、「被爆して、あの状況を見た自分は人の役に立つことのできる仕事をしよう」と考え、看護学校に進学、そして、就職。

[参加者の感想から]

「体験をお話しされる方が少なくなっていくなか、私たちが次世代として語り継いでいく必要性を再認識した」「核兵器はなくさなければならない理由は、まさに木内さんの経験にあると思った」「ビキニデーという言葉にピンとこない人も多くなっている。危機感を感じる」

木内さんの講演後、事務局から、ビキニデーの歴史と2019年ビキニデーの内容についてミニレクチャーを行いました。

  • お知らせ TOP
ココロンコーナー
このページの先頭へ

医療生協さいたま生活協同組合
〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1317 TEL:048-294-6111 (代) FAX:048-294-1490

(C)Health Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.
(C)Health Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.