ページ内を移動するためのリンク
トップナビゲーションへ
本文へ
サイドナビゲーションへ
フッタナビゲーションへ

医療生協さいたま

埼玉民医連

医療生協さいたま

大 中 小
埼玉民医連
  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 越谷の竜巻、熊谷他の台風などの被災者を支援~組合員の安否確認・健康相談など

お知らせ

越谷の竜巻、熊谷他の台風などの被災者を支援~組合員の安否確認・健康相談など

9月2日(月)午後、越谷市で竜巻が発生したのを受け、かすかべ生協診療所・介護事業所では、すぐに被害地域の患者・利用者の方に安否確認のための電話かけや訪問をし、在宅酸素を使っている患者宅に停電時には携帯酸素に切り替えるように連絡しました。また、現地の組合員も、町内会や自治会に協力して現地調査などに参加しました。

翌3日(火)には、医療生協さいたまとして対策本部を設置。6日(金)までに被災地域の全組合員宅438軒に電話で被害状況の確認を行い、被災された家や、電話がつながらなかった家を組合員・職員で訪問しました。

また、大里東自治会と連携し、同自治会館前にテントを設営。健康相談、けがの応急処置、熱中症対応などにあたりました。医療生協さいたまのテントでの支援活動をお知らせするチラシは、自治会の方たちの手で、被害が大きかった地域住民に届けられ、10時の開始を待って駆け込んでくる人もいました。

さらに、自治会の方といっしょに周辺の住宅約300軒を訪問。「困ったことはないですか」「お体の具合は大丈夫ですか」と声をかけました。住民の方からは「瓦が雨のように降ってきた。すぐ思い出してしまう。鉄板が空から飛んできた」「竜巻の後から2歳の子どもの夜泣きが始まった」などの話があり、大きなストレスを感じていることがわかりました。「話をきいてもらえるだけで癒されます」と泣き出す方もいて、自治会長さんからは、「健康管理は自治会ではできないことでした。看護師さんがたくさん来てくれ、テントでの健康相談だけでなく、毎日いっしょに地域訪問までしてもらい、ありがとうございました」と感謝のことばをいただきました。健康状態が心配な方は多いことから、大里東自治会館で、翌週も火曜日と金曜日の10時から15時まで、越谷支部の組合員と職員で、健康相談会を実施しました。

越谷の竜巻、熊谷他の台風などの被災者を支援~組合員の安否確認・健康相談など

9月16日(月)に台風18号に伴う竜巻被害が大きかった熊谷市でも、武道館駐車場にテントを設営。組合員・職員で、付近の組合員宅を訪問したり、片づけ中にけがをした人の応急処置などにあたりました。

  • お知らせ TOP
ココロンコーナー 耳寄りなお出かけ情報 だいすき!埼玉 配置薬の紹介
ISO 医療生協さいたまではISO基準のもと品質と環境マネジメントを推進しています。
このページの先頭へ

医療生協さいたま生活協同組合
〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1317 TEL:048-294-6111 (代) FAX:048-294-1490

(C)Health Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.
(C)Health Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.