ページ内を移動するためのリンク
トップナビゲーションへ
本文へ
フッタナビゲーションへ

医療生協さいたま

埼玉民医連

医療生協さいたま

大 中 小
埼玉民医連
  1. ホーム
  2. 広報紙 けんこうと平和
  3. 2014年2月以前の「けんこうと平和」記事
  4. からだ大好き つくる 鍛える たもつ
  5. 超カンタン筋トレで ひざの痛みにさようなら

けんこうと平和

「けんこうと平和」2012年5月号掲載

超カンタン筋トレで ひざの痛みにさようなら超カンタン筋トレで ひざの痛みにさようなら

仁平 高太郎(にへい こうたろう)

【監修者のことば】
埼玉協同病院 整形外科部長 仁平 高太郎(にへい こうたろう)

ひざが痛いからと家にとじこもっているのは残念です。解決策はいろいろあります。
筋トレを試して、それでもだめならご相談ください。


ひざの構造・変形性膝関節症

ひざの構造・変形性膝関節症

痛みを緩和し進行はおそく

最近、ひざに痛みを感じている人はいませんか。もしかしたら、変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)の初期かもしれません。

変形性膝関節症は、ひざの軟骨がすり減り、骨が直接こすれ合って痛くなる病気です。症状が進むと、痛みがひざの裏側から内側へと移動し、やがてひざが曲がりにくくなり、最後は伸びにくくなって、歩くことも大変になります。

ひざの関節は左右に動いてこすれやすいという特徴があります。しかし大腿四頭筋など、周囲の筋肉を鍛えれば、骨どうしがこすれないように安定するので、痛みをやわらげ、症状の進行をおそくすることができます。

ここで紹介している筋トレは、ひざにあまり負担がかからないので、ぜひ試してみてください。(痛みが強くなる場合は、整形外科にご相談ください)

大腿部の筋肉量の変化

大腿部の筋肉量の変化

痛みが出る前に筋トレで予防

大腿四頭筋の筋トレは、変形性膝関節症の発症後に効果があるだけでなく、予防にもなります。大腿四頭筋など大腿部の前側の筋肉は40代から急激に減っていきます(右上のグラフ参照)。特に女性は男性に比べ、元々筋肉が少ないこともあり、変形性膝関節症になる確率が高いといえます。いったん変形性膝関節症になってしまうと、すり減った軟骨は再生せず、変形した関節も元には戻りません。40代から鍛えるのがいいでしょう。

ヒアルロン酸の注射で軟骨を滑らかに

もし筋トレができないほど痛い状態であれば、受診をして治療しましょう。痛いままにしていると、痛いから動かない、動かないからますます筋力が衰える、さらに運動不足で体重が増え、ひざへの負担が大きくなるという悪循環に陥ります。ちなみに体重が1kg増えると、ひざにかかる負荷は3kg増えるといわれています。

変形性膝関節症の治療のひとつに、ヒアルロン酸液のひざへの注射があります。ヒアルロン酸は、飲んでも体内で分解されてしまうのであまり効果がありませんが、患部に直接薬を注入することで、軟骨の滑りがよくなります。1週間おきに3回打つと、3カ月間効果が持続する新薬も出ています。炎症が強い場合は、ステロイド剤を注射することもあります。

負担が少ない置換手術も

ヒアルロン酸の注射を打つときに、ひざに水がたまっていれば(炎症のため関節液が過剰に分泌された状態)、先に抜きます。はれや痛みなどの症状を緩和させると同時に、注入するヒアルロン酸が薄まらないようにするためです。水を抜くこと自体は根本的な治療ではないため、炎症を治さないかぎり、水は再びたまります。「水を抜くとクセになる」ということではありません。

変形性膝関節症の治療法として、人工膝関節の置換手術もあります。10分続けて歩けないくらいになったら手術、というのが目安になっています。最近は、傷んでいる内側だけを部分的に人工膝関節に換える方法もあり、手術時間や入院期間が短く負担が少ないので、高齢の方にもおすすめできます。

筋トレでひざの痛みが治りました!
秩父生協病院地区 常山知子(つねやま ともこ)

ひざが痛くて正座ができなくなり、受診した病院で「加齢」と言われ、がっくりきていました。でも、仁平先生オススメの筋トレを、毎朝、片足10回ずつ続けたら徐々に痛みもやわらぎ、1年経ったころには、筋力もついたと実感。

熟年世代からの筋トレのポイント
  • 痛みが強くなる場合はやめましょう。
    (先にあたためると血行が改善でき、痛みがおさまる場合もあります)
  • 運動後に痛みが出たり、疲れが残るほどやるのは控えましょう。
  • 毎日少しずつ。
  • 水中ウオーキングや水泳(関節への負担が軽減されます)なら、週に1~2回。1回30~60分程度。
鎮痛剤と湿布

「鎮痛剤は副作用がこわいので、湿布にしてほしい」という患者さんがいますが、痛みを緩和する湿布薬には、鎮痛剤と同じ薬品が含まれています。成分は皮膚を通して体内に入っていくので、湿布薬でも副作用が出ることもあります。
鎮痛剤も湿布薬も、処方を守って賢く役立てましょう。

変形性膝関節症以外のひざの痛み

スポーツによる半月板やじん帯の損傷、リウマチなどがひざの痛みの原因になります。リウマチは統計的に40代、60代で発症することが多く、現在では画期的な改善薬が出ています。

このページの先頭へ

医療生協さいたま生活協同組合
〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1317 TEL:048-294-6111 (代) FAX:048-294-1490

(C)Health Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.
(C)Health Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.