ページ内を移動するためのリンク
トップナビゲーションへ
本文へ
サイドナビゲーションへ
フッタナビゲーションへ

医療生協さいたま

埼玉民医連

医療生協さいたま

大 中 小
埼玉民医連
  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 「ピースフォーラム2018」で、ICAN国際運営委員・川崎哲氏が講演しました

お知らせ

「ピースフォーラム2018」で、ICAN国際運営委員・川崎哲氏が講演しました

11月12日(月)、本部・ふれあい会館において、「ピースフォーラム2018」を開催し、組合員・職員あわせて約100人が参加しました。

記念講演は、2017年にノーベル平和賞を受賞した国際NGO・核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN=International Campaign to Abolish Nuclear Weapons)で国際運営委員を務め、ピースボートの共同代表でもある川崎哲さん、テーマは「核兵器禁止条約で世界を変える」でした。

参加者からは「核廃絶など現実的な話ではない、という立場に対する論理的で説得力のある話が聞けた」「米国の9.11を見ても、確かに核抑止論が間違っていると思った。抑止論の矛盾がわかった」「日本にいると核廃絶は難しい話に思えるが、世界では圧倒的多数が核廃絶を強く支持していることを知った」などの感想が寄せられました。また、「核兵器禁止条約を日本政府にも批准させるために動いていきたい」といった、今後の取り組みに向けて前向きな意見も多数ありました。

後半はまず、今年の原水爆禁止世界大会(広島行動)に参加した組合員・職員が感想を述べたあと、代表して埼玉協同病院と老人保健施設みぬまの職員が現地での学びと今後取り組みたいことについて詳しく報告しました。そして、埼玉協同病院のSHJ(社保・平和・自治体)委員会が憲法9条を守る3000万人署名を集めるピースチャレンジャーへの参加の呼びかけを行ない、ピースチャレンジャーとなった職員が11月3日の健康まつりで多くの署名を集めたことを報告しました。最後に、閉会あいさつで今年度後半に向けた行動提起を行いました。

  • お知らせ TOP
ココロンコーナー 耳寄りなお出かけ情報 だいすき!埼玉 配置薬の紹介
ISO 医療生協さいたまではISO基準のもと品質と環境マネジメントを推進しています。
このページの先頭へ

医療生協さいたま生活協同組合
〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1317 TEL:048-294-6111 (代) FAX:048-294-1490

(C)Health Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.
(C)Health Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.