ページ内を移動するためのリンク
トップナビゲーションへ
本文へ
サイドナビゲーションへ
フッタナビゲーションへ

医療生協さいたま

埼玉民医連

医療生協さいたま

大 中 小
埼玉民医連
  1. ホーム
  2. 医療生協さいたまのご案内
  3. 基本方針

医療生協さいたまのご案内

基本方針 2016年度

憲法と平和を守り、住んでいて良かったと思えるまちづくりを、協同の力で進めよう

1.

立憲主義の立場で多くの人々と手を結び、憲法と平和、いのちを守ります
  1. (1) 憲法を学び、安保関連法(戦争法)により人権・平和・民主主義が脅かされていることを知らせるために行動します。
  2. (2) TPPやマイナンバーの中止、原発の廃止(廃炉)を求める個人や団体との協同で安心して暮らせる明るいまちづくりを進めます。
  3. (3) 無料低額診療事業※1を広く宣伝し、経済的事由による健康悪化を防止するとともに、生活再建に向けた暮らしの相談窓口としての機能を果たします。

2.

地域の中のつながりを活かし安心をつなぎます
  1. (1) 事業と運動でつなぐ

    ①本格化する「地域包括ケアシステム」に対し、在宅医療・介護の連携推進、認知症対策、生活支援(総合事業)に関する事業と運動の構想を、地域ごとに検討し対応を進めます。

    ②生活圏域での支部づくりを進め、顔の見える関係の中で組合員がいつでも気軽に医療生協の活動に参加できるようにします。

    ③班会の開催を重視し、身近なつながりを太くします。また、安心ルームと健康ひろばの開催場所、開催数を増やし、居場所づくりを進めます。

  2. (2) やりたいこと(要求)でつなぐ

    ①脳いきいき教室やヘルスチャレンジ、「すこしお」の取り組みなど、健康づくりの活動でつながりを増やします。

    ②より良い医療・介護保険制度など社会保障の充実を求める人々とつながり、ともに行動します。

  3. (3) 助け合いでつなぐ

    ①有償ボランティア「くらしサポーター制度」による組合員どうしの助け合いや、「けんこうと平和」の配布を通じた地域での見守り活動の範囲を広げます。

    ②認知症サポーターを増やし、見守り活動などに活かします。

3.

健康づくりとまちづくりの専門力量を高めます
  1. (1) 事業所での日々の業務や地域の活動の中でヘルスプロモーション※2の理念を具現化するHPH活動の進展を図り、地域まるごと健康づくりを進めます。
  2. (2) 日常の暮らしの中で活かすことができる健康づくりを啓発・普及し、組合員のヘルスリテラシー(健康に関する知識や情報の収集活用能力)を高め、健康と暮らしの専門家として組合員の成長を図ります。
  3. (3) 医療生協さいたまの事業拡大の期待に応えるべく、医師、看護師、介護職などの職員確保を、組合員と職員の総力を挙げて取り組みます。また、医療生協さいたまの基本理念をもとにした業務や管理運営に磨きをかけます。
  4. (4) 各地域で検討が進む新規事業構想を支えるため、協同組合の価値を広め、出資、利用、運営参加に関わる組合員を増やします。参加を増やすための広報宣伝も強化します。
※1 無料低額診療事業

医療や介護が必要であるにもかかわらず、医療費などの支払いが困難な方に対し、医療費などの減額や免除を行う制度。社会福祉法第2条に基づく事業。

※2 ヘルスプロモーション

「人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、改善できるようにするプロセス」と定義され、①サービスを受ける者が自己決定する主体であること、②健康増進を個人の生活改善に限定してとらえず社会的環境の改善を含むこと、が必要とされています。

  • 医療生協とは
  • 定款・基本理念
  • 理事長あいさつ
  • 法人概要・沿革
  • 基本方針
  • 品質方針・環境方針
  • 環境報告書
  • 情報開示に関する規則
  • 医療生協さいたまのご案内TOP
ココロンコーナー 耳寄りなお出かけ情報 だいすき!埼玉 配置薬の紹介
ISO 医療生協さいたまではISO基準のもと品質と環境マネジメントを推進しています。
このページの先頭へ

医療生協さいたま生活協同組合
〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1317 TEL:048-294-6111 (代) FAX:048-294-1490

(C)Health Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.
(C)Health Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.